オカマじゃねーよ!!

こんばんは。

本日は残業のため自転車には
乗っていません。

ただ本日は高校一年生の、お姉ちゃんの
16才のお誕生日。

思い起こせば、平成15年2月26日の
朝に、愛娘にご対面しました。

その時の事が思い出されます。

なかなか子宝に恵まれなかった、
輪&嫁ちゃん夫婦。

嫁ちゃんが妊娠検査薬で調べて

「輪くん、妊娠したよ~(ノ◇≦。) 」って
メールで報告を受けた時は

輪:俺、お父さんになるんやな~。

と、スロット打ちながら思ったのを覚えています。
(ダメオヤジがっ!!)

ここまで書いたら、調子が出てきたので
思いで話をもう少し書かせてください。

平成15年2月25日 夜。

嫁ちゃんの陣痛が始まります。

輪&嫁ちゃんは玉野市民病院へ。

いよいよ出産か~。
と、思っていましたが陣痛が収まります。
なかなか陣痛の周期も短くならず、
おかしいと思ったのでエコーを撮ったところ
へその緒が首に掛かってることが判明。

これでは自然分娩は危険なので
帝王切開にしましょう。と先生から
言われます。

しかし、嫁ちゃんは断固拒否。

嫁ちゃん:自分で産みたい!!

先生の説得を聞き入れない嫁ちゃん。

困り果てた先生は、旦那さんから説得して
下さい。ってことで病室で二人っきりに。

輪:自分で産みたいって気持ちは分かるけど
元気に生まれてきて欲しいから帝王切開しましょ。

嫁ちゃん:嫌っ!!自分の力で産みたい!!

嫁ちゃん号泣~。

そこへ、婦長さんらしき看護師さんが病室へ。

婦長さん:これから、お母さんになる人が、お腹切る
ぐらいでビィ~ビィ~泣いてんじゃないのよ

輪:プチッ!!腹切るのが怖くて泣いてんじゃねーよ!
自分の力で産みたいって泣いてんだろうがっ!!
(`Д´) ムキー!

黙って退室していく婦長さん。

その後、どうにか嫁ちゃんを説得して
帝王切開することに。

手術になるので、嫁ちゃんは産科の
2階から外科の3階へ。

輪&嫁ちゃんは、性別は聞いていませんでした。
授かりものですし元気に生まれれば男の子でも
女の子でもどちらでもいい。
ってのは嫁ちゃんの考えで、輪々は男の子しか
考えてなかったんですよね~。

早朝だったので、病院はシーンと静まりかえって
ます。

輪々家と嫁ちゃん家の両親も2階の産科の廊下で
今か今かと待ってる中、3階の外科から元気な鳴き声
が聞こえてきます。

みんな「生まれたっ!!(゚○゚)!」

産科の看護師さんがエレベータで3階の外科へ
上がって行きます。

降りて来るであろうエレベータの前に全員集合。

2階のエレベータの扉が開き、看護師さんが、

看護士さん:「お父さんは誰ですか~?」

輪:「は~~い(・o・)ノ ハーイ!! 」

看護士さん「元気な男の子ですよ~」

輪 心の声:シャーv(`皿´)ノ~” ヤッター!!

看護師さん:では確認しましょうね。
・右手1.2.3.4.5本
・左手1.2.3.4.5本
・右足1.2.3.4.5本
・左足1.2.3.4.5本
ちゃんとついてますね。
じゃあお待ちかねのジャーン。
産着をめくる看護士さん。

輪&看護士さん:んっ(; ̄ー ̄)…ン?

輪:ち〇こは? 何で割れてるの?

看護師さん:あれ~? 3階で引き取った時
男の子って聞いた気がしたのに~。
聞き間違えたかな?

輪:ずこーーーー。ミ(ノ;_ _)ノ =3

看護師さん:まあ、本日の出産は輪さん
ところだけなので取り違えることはないので。。。
はい。お父さん抱いてあげてください。

乳児など抱いたことの輪々。
看護師さんから輪々の両腕に渡された
我が子。
3000gに満たない、その小さな体。
決して重くはないはずのなのに両腕は
ガチガチに固まって決して落としては
いけない、壊してはいけない。
とても重く感じた世界で一番大切な
宝物。
目頭が熱くなり液体が湧き出てくる。

そっと顔を見ると、
聞いてた話だと、生まれたばかりの
赤ちゃんは真っ赤なシワシワのサル顔。
と聞いていましたが、真っ白な顔。
しわなんて一つもない可愛い顔。

輪:これは天使ですか?

看護師さん:はい。ここまで。産湯できれいに
洗ってきますからね。

輪:あぁ~。持っていかないで~。
僕のエンジェルを~~~。

その後、感動して溢れてくる涙を見られまいと
廊下の隅に移動してポロポロしていたんですが
振り返ると、嫁ちゃん父がビデオカメラを回してる。

ニヤリとする嫁ちゃん父。

輪:やめて。。。。。。

結局、愛娘はへその緒を首に2周
巻いてたそうな。
自然分娩なら間違いなく命はありませんでした。

って、いつまで書くつもりなのか?
本題に移れよ。

はい。そんな16年前に生まれた、
お姉ちゃんの思い出を書いてたら、
止まらなくなりました。
すみません。

さて、本題ですよ~。

昨日の話になりますが退社後、自転車に乗って
トレーニングしましたが、誕生日プレゼントを
買うためにドラックストアに立ち寄りました。

最近、オシャメさんになってきたお姉ちゃん。
以前、まつ毛育毛剤が欲しいみたいなことを
言ってたよね~。
値段を見ると5000円!!

買えね~。貧乏お父さんでは無理。
四国一周資金繰りに困っている
お父さんには無理。

他の物にしようと、化粧品とか見るけど
さっぱり分かんない輪々。
って、化粧品も高いのね。

で、購入したものがこちら。

「スリムウォーク」
確か、お姉ちゃん欲しがってたよな~。
って、ここで問題が。

輪々の現在の恰好がピチピチのレーパンを
着用しています。
これがまた、輪々のレーパンはshimanoの
何の模様も入ってない真っ黒のレーパン。

ストッキングと一見、同じ。

レジに並びますが、3つレジがありますが、
一番右のレジは若い可愛い店員さん。

本能的にあそこは嫌だと思い、
真ん中のレジに並びます。

が、右のレジのお客さんが速くはけたので
右の店員さんに、
「こちらのレジへどうぞ~」と案内されることに。

輪 心の声:やめて。。。。。。。。。。

仕方なく「スリムウォーク」をレジに差し出す。

一瞬、輪々の下半身をチラッと見る店員さん。

店員さん「あの~サイズがS~Mですが
お間違いないですか?」

輪 心の声:そう来るよね~。このレーパンが
ストッキングに見えるかい?
オカマじゃないのよ~。

ここで、誤解を解くために、

輪:「俺のじゃないです。プレゼント
なんですけど、ラッピングとかできますか?」

店員さん:「すみません。ラッピングは
してないんですよ~」

なんか否定するようなこと言ったけど、
余計に誤解を招いたな(-。-;)

恥ずかしい思いをして帰宅。

帰宅して家にあった用紙でラッピングして
メッセージを添えて本日、出勤前に
テーブルの上の置いてきました。


酔っ払って書いたので、
きたねー字ですが、輪々の思いを
メッセージに書き留めて。

お姉ちゃんは、部活動に勉強に
凄く頑張る子。
将来のビジョンが、しっかりしている子。

将来の夢に向かって頑張っている
姿は親としても尊敬しています。

それを応援したくて、メッセージを
書きましたが、中身は「スリムウォーク」
(゚m゚*)プッ

娘想いの輪々に
↓PUSHお願いします。


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す