【CHROME(クローム)】メッセンジャーバックはサイクリングに最適

いつも輪ブログを読んで頂き
ありがとう御座います。

本日は、輪ブログでは珍しくある商品のご紹介です。
初めてでは御座いますが企業案件を受けさせていただきました。

1 企業案件とは

「企業案件とは、企業様から直接レビューの依頼がくることです。特にカテゴリー特化型のブログでアクセス数も多いブログであれば、企業様からお声がけいただくことも増えるみたいです」

だそうです。
まだまだ未熟な輪ブログですが企業様の目に付くまで成長したんですかね~。

1-1 初めての企業案件

とは言っても、過去に何度も企業様から、ご依頼の話はありました
・ウエアの提供
・自転車アクセサリーの提供(ライト、ベル、サドルバック等)
・輪ブログへのHPのリンクの貼り付け

しかし、全てお断りしてきました。

(お断りした理由)

・私自体が、その商品に興味がない。興味がない商品に対してレビュー記事なんて書けませんよね。
・もしその商品が粗悪なものであった場合、輪ブログを読んで購入された読者様に申し訳ない。
・すでに持っている物があるのに、あえて提供してもらう必要がない。私も企業様、どちらにもメリットがない。

そんな理由でお断りしてきた訳です。

1-2 企業案件を受けた理由

今回、商品レビューのご依頼を受けた企業様は、

「CHROME(クローム)」と言う企業様です。

こういった案件は大体、メールでご依頼がきますが、そのメールが非常に丁寧で分かりやすくし信頼できる企業様であると思いました。

また、タイムリーなことに輪々が欲しいと思った商品であったこと。
使ってみたい!! これなら輪ブログ読者様にも紹介したいと思った訳です。

2 CHROME(クローム)ってどんな企業?

「比類なき強靭さを持ちながら、自転車に乗っていない時でも使えるバッグを作る為に、今から25年前にJUKIのミシンと少量のコーデュラ、ミリタリーグレードのトラックタープを使い、最初のCHROMEバッグが制作された。

シンプルかつ実用性を追い求めた結果、CHROMEはメッセンジャーバッグに、再利用したシートベルトバックルを採用するという答えに辿り着いた。

革新的なクイックリリースバックル、サブストラップ、デュアルウォール構造、ファイブバーウェビングなどを搭載し、世界中のメッセンジャーに愛用されるプロダクトへ成長。

ブランド誕生から25年が経過したが、プロのメッセンジャーやピストバイクでトリックを楽しむアーバンアスリート、自転車で通勤するクリエイティブな都市生活者のために、便利で耐久性のあるプロダクトを作るという決意に迷いは一切存在しない。

CHROMEが制作したバッグやフットウェア、そしてアパレルは実際のストリートで製品テストがなされ、どのプロダクトも都市の変わり易く、予測不可能な状況に適応する仕上がりである。」
(一部CHROME HPが抜粋)

サイクリストには重宝されるバックを製作されているようです。

(クローム・インダストリーズジャパン合同会社 公式サイト)
https://www.chromeindustries.jp/

上記サイトをご覧になって頂くと分かりますが非常にサイクリストに興味がある商品が盛り沢山です!!

2-1 CHROME MESSNGER BAG(クローム メッセンジャー バック)

さて今回、輪々に提供されたバックが「シンプル メッセンジャー バック」です。

(メッセンジャー バックとは)

「片方の肩からストラップ(ベルト)を斜め掛けにして背負うショルダーバッグの一種。自転車便従事者(メッセンジャー)向けに作成されたことに因んでこの名がついている。
自転車での走行中にバッグ本体が移動するなどして走行に支障をきたさないように、背負った上でストラップを引き締めバッグを体に密着させる「クイックリリース」で固定される。」(ウィキペディアより一部抜粋)

実際に提供されたメッセンジャーバックはこちら↓
(シンプル メッセンジャー バック)
https://www.chromeindustries.jp/collections/messenger-bags/products/simple-messenger-bag

3 メッセンジャーバックの使い方

では、実際にメッセンジャーバックの使い方について説明します。
(モデルがオッサンなのは、ご勘弁ください)

①バックルを引き上げます。

②バックルを引いた状態で上にあげると肩ひも(ストラップ)が伸びます

③肩ひも(ストラップ)が伸びた状態でバックを前方にスライドさせます

④バックを背中側に戻すのはストラップを引くだけでOKです

以上です。
実に簡単です!!
背中に背負うリュックサックタイプなら、仮に自転車走行中なら一旦停止して背中からリュックサックを降ろしてという動作が必要ですが、メッセンジャーバックなら慣れれば自転車走行中でも、物の出し入れはできます。
※注意:できれば自転車を停止して行いましょう。

また、目的地までバック内の物の出し入れがない場合は、しっかりバックを移動させない機能として、脇の下に補助のストラップもあります。

輪々の使用した感じだと、ここまで固定しなくてもバックが移動することは無かったですね。
まあファッション的な要素もあるかもしれません。

4 実際に使用した感想

この、シンプル メッセンジャーバックを担いでサイクリングしてみました。

ニューバイク(TREK 520D)との相性も抜群です。

少し話が脱線しますが、この企業案件を受ける決意をしたのは、購入したばかりのTREK 520Dで大量の荷物を積んでのキャンプサイクリングです。
過去に、色んな所へキャンプサイクリングをしましたが基本、両サイドのパニアバックに荷物を積んで、輪々自体はフリーの状態(何も背負わない)スタイルでした。

しかし色々と経験して、良く取り出す荷物がありますがイチイチ自転車を止めて荷物を出すのですが、左右のパニアバックのどちらに荷物を入れたのか?迷うことも多々ありました。
こんな状態で、パニアバックの上にも荷物を積んでるので、ちょっとした小物を取り出すのも一苦労!!

ならば、よく取り出す小物等は「背中に担ぐバックが欲しい」と思っていた矢先に「CHROME」から企業案件の依頼が来たわけです。

さて話を戻します。
実際に、「CHROME シンプル メッセンジャーバック」を背負ってのサイクリングです。

前傾姿勢でのライドでも全くバックが前方へ移動してきません。
しっかり背中側でホールドされています。

ラフな格好でTREK520Dに乗り、CHROMEのバックを背負ってのライドは「俺、今凄くカッコよくないか!!」と勘違いしてしまいそうです。

また、コンビニに寄ってお買い物する際も、お財布を取り出す際に、上で説明した通りにバックルを引き上げてバックをスライドさせて財布を取り出す一連の動作に「俺、今凄くカッコよくないか!!」と一人酔いしれてました。

4-1 メリット

輪々が思うに、まだまだ使える場面が増えそうです

・出勤時(仕事中)
本日は出勤時にも、このバックを背負って出勤しました。
非常にシンプルなデザインなのでビジネス向けで、仕事中もPCを持ち歩くことが多いのでPCを収納して職場内を移動しました。
バック内部は、3つのスペースに分かれており真ん中が一番広く、両側面にスペースが区切られています。
逆にゴチャゴチャしていなくてシンプルで使いやすい。

・ノートPC
・バインダー
・ファイル
・ノート(筆記用具)
・タオル
これらを入れても、まだまだ十分収納できる感じです。

自転車通勤している方には、持ってこいのバックだと思いますよ。

・フィッシング用にも最適

本日、このバックを見てルアーフィッシングしている部下が凄く欲しがってました。
輪々もルアーフィッシングをしていたので分かるのですがルアーを付け替えたりしてキャスティングの時にバックが邪魔になるので片手でバックを背中側にスライドして固定できるのは便利でしょうね。

4-2 デメリット

良いことばかり書いても信憑性が下がるのでデメリットも書いておきます。
(メーカーさん、ごめんなさい)

・ガチのローディーさんには向きません。

輪々も通常のトレーニング時は、要らぬ物は身に付けません。当然、軽量化が目的ですが、トレーニング時に買い物の予定がある場合は、軽量でコンパクトなサコッシュを携帯しています。

今のところデメリットと感じるところは、これだけですかね。

5 まとめ

輪々は主に、自転車でのキャンプ、ポタリングでこのバックを使用していくつもりです。
岡山県もコロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されます。
やっとキャンプに行くことができますので、新しい自転車と「CHROME:シンプル メッセンジャーバック」を担いで野山を駆け巡るつもりです。

また、その時は輪ブログで報告しますね~!!

ってことで↓PUSHお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

できればこちらも↓PUSHお願いします。


自転車ランキング



Follow me!

コメントを残す

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。